WordPressで公開日と最終更新日を表示する

今回はWordpressで公開日と最終更新日の表示させる方法を記載します。
<time>タグを使用することでSEO対策にも効果的という可能性があるのでぜひご覧ください。

<time>タグについてはこちらの記事で詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

なぜ公開日と最終更新日を記載するのか?

公開日と最終更新日をサイトに記載するメリットは以下の通りです。

  • 情報の鮮度を明示することでユーザー側で正否を判断する材料となる
  • <time>タグを使用することでSEO対策にも効果がある可能性

情報の鮮度を明示することでユーザー側で正否を判断する材料となる

技術系ブログで情報が古い場合エントリー通りに記載しても動かなかったり、ニュース記事の情報が10年前の内容だったという場合目も当てられません。

技術は日進月歩、技術系ブログやニュースは鮮度が命なので、ぜひユーザー側で判断できるようにしましょう。

<time>タグを使用することでSEO対策にも効果がある可能性

<time>タグは日時を表す際に使用するタグです。
<time>タグを正しく記述することで検索エンジンに対して正確に伝えることができます。

Googleなどの検索エンジンは公開日時が新しい記事を高い順位に表示する傾向があるため、SEO対策にも効果的な可能性があります。

WordPressで公開日と最終更新日を表示する方法

公開日と最終更新日を表示する方法は以下の通りです。

公開日を表示する

<time class="blog-note__day" datetime="<?php echo get_the_date("Y-m-d H:i:s") ?>" itemprop=”datepublished”>
	<?php the_time('Y/m/d'); ?>
</time>

公開日を表示するテンプレートタグは「the_time」、または「the_date」となります 。

最終更新日を表示する

<?php if(get_the_time('Y/m/d') != get_the_modified_date('Y/m/d')):?>
<time class="blog-note__update-day" datetime="<?php the_modified_date("Y-m-d H:i:s") ?>" itemprop=”modified”>
	<?php the_modified_date('Y/m/d') ?>
</time>
<?php endif;?>

最終更新日を表示するテンプレートタグは「the_modified_date」となります。

<?php if(get_the_time('Y/m/d') != get_the_modified_date('Y/m/d')):?>
~
<?php endif;?>

で囲うことで記事を更新した場合のみ表示されるようになります。

FOLLOW US SNSで最新情報をチェック!

KEYWORD 話題のキーワード!

PREVIOUS POST cssのmix-blend-modeをどこよりも詳しく徹底解説!良い感じの実装例もご紹介!
NEXT POST SEO対策にも!timeタグを用いることのメリットとは?
PAGE TOP