写真を簡単加工でイラスト化!Photoshopでいろいろ試した結果辿り着いたそれっぽい方法!

Photoshopで写真を簡単にイラスト化するスピードアートです!

イラスト化する方法は様々あり、海外の有料・無料アクションやチュートリアルを試したのですがこの方法が最も簡単でそれっぽくなるのではないか?という現時点での結論です。

こちらは画面解像度にかなり依存するので、フィルターの数値やフィルターの重ね掛けなどで適宜調整してください。

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. フィルター/フィルターギャラリー/エッジのポスタリゼーション
    →エッジの太さ:0、エッジの強さ:0、ポスタリゼーション:2
  2. フィルター/表現技法/拡散
    →不均等
  3. フィルター/表現技法/油彩
    →ブラシ:3、クリーン度:10、拡大・縮小:0.1、密度の詳細:0
  4. フィルター/シャープ/アンシャープマスク
    →量:200、半径:5.0、しきい値:0
  5. 油彩を2回追加してスマートフィルター上のアンシャープマスクを一番上に
    →スマートフィルターは上から、アンシャープマスク、油彩、油彩、油彩、拡散、フィルターギャラリーとなります
  6. レイヤーを複製、複製レイヤーの油彩を1つに、マスクを使って目・鼻・口などボケが気になる箇所はこちらを表示
    →油彩を重ね掛けしていくと目などがボケていくため となります。

となります。

おすすめ書籍

PhotoshopやIllustratorの使い方についての書籍ではありませんが、イラストを主軸に活動している方は元よりデザインに関わるすべての方におすすめできる書籍です。

どちらかというと中~上級者向けの書籍で、光が色に及ぼす影響や配色の理論から技術的なテクニックまで根本から学べます。

私はディレクションすることも多々あり、今まで感覚的に伝えていた部分の言語化に大いに役立てることができました。

PREVIOUS POST カメラの世界に飛び込むファンタジーな画像合成を行うPhoto...
NEXT POST ちょっと見栄っ張りなビルオーナー様必見!Vanishing ...
PAGE TOP