込み入った構図でも使えるPhotoshopのコンテンツに応じた塗りつぶしの一歩進んだ使い方

Photoshopのコンテンツに応じた塗りつぶしは非常に便利なので使用している方も多いかと思いますが、空における飛行機など離れた位置にあるオブジェクトを消すといった簡単な構図のみで使用していませんか?

この機能は写真に依存するところも大きいので完璧ではありませんが、少々込み入った構図でも使うことができるのでぜひご覧ください!

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. 消したい被写体を選択
  2. 編集/コンテンツに応じた塗りつぶし
     →プレビューを見ながら余計なオブジェクトを塗りつぶしから除く

となります。

おすすめ書籍

PhotoshopやIllustratorの使い方についての書籍ではありませんが、イラストを主軸に活動している方は元よりデザインに関わるすべての方におすすめできる書籍です。
どちらかというと中~上級者向けの書籍で、光が色に及ぼす影響や配色の理論から技術的なテクニックまで根本から学べます。
私はディレクションすることも多々あり、今まで感覚的に伝えていた部分の言語化に大いに役立てることができました。
PREVIOUS POST オリジナルのカスタムブラシとマスクを使ってアーティスティック...
NEXT POST 傾いた写真を一瞬で調整するPhotoshopのものさしツール...
PAGE TOP