フィルターの変形/置き換えを使ったポートレートタイポグラフィをPhotoshopで!

Photoshopのフィルター、変形/置き換えを使ってポートレートタイポグラフィを超簡単に作成します。
ただのマスクと異なるのは顔の光、陰影に合わせてテキストが歪んでおります。

変形/置き換えは文字をテクスチャ(例えば布)になじませるといった形で使用するのが主ですがこのようなアート表現も可能です。

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. 写真を保存
    →ファイル/別名で保存の[コピーを保存]をクリックしてtexture.psdなどのファイルネームで保存
  2. 被写体を選択してマスク
    →選択範囲/被写体を選択
    →選択範囲/選択とマスク
  3. 人物レイヤーを一旦非表示にして、横書き文字ツールで段落テキストに文字を流し込む
    →横書き文字ツールは画面上でクリックでポイントテキスト、クリック+ドラッグで段落テキスト
    →書式/サンプルテキストの割符
  4. テキストをスマートオブジェクト化
    →レイヤーを右クリックして[スマートオブジェクトに変換]
  5. テキストを人物に置き換え
    →ファイル/変形/置き換え
    →置き換えマップデータを選択で1.で保存したtexture.psdを選択
  6. 人物レイヤーを表示してテキストの上に配置してテキストデータでクリッピングマスク

となります。

制作ポイント

変形/置き換え

テクスチャになじませる用途で使用しているショート動画を作成しておりますので合わせてご覧ください。

タイポグラフィを学びたい方におすすめの書籍

PREVIOUS POST 墨溜まりを超簡単に作成する方法とパスに沿ったブラシストローク...
NEXT POST 切り抜きが行いにくい背景に溶けた人物を簡単に切り抜くPhot...
PAGE TOP