レタッチなど様々なシーンで使えるパッチツールをPhotoshopのスピードアートでご紹介!

Photoshopのレタッチで大活躍する便利なパッチツールをご紹介します。

これくらいのスキンレタッチはニューラルフィルター/肌をスムーズにでも問題なくいけますが、それ以外にもモックづくりのためのラベル文字の除去や風景の落ち葉の除去など様々なシーンで使えるため、ぜひご覧ください。

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. パッチツールで対象物を囲む
  2. 似ているテクスチャに移動

となります。

コネクリ

ウェブデザイナーとしてキャリアをスタートして、スマートフォンの台頭によりUI/UX・ゲームデザインを担当、現在はインハウス寄りのディレクター兼リードデザイナー。
社内外のディレクション・ワイヤー設計・デザイン・コーディングを行う。
自社、受託ともにウェブ・アプリ・グラフィック・ゲームの実績多数。

本サイトやTwitterYouTubeにてPhotoshopとIllustratorの作例を発信中!

個人としての仕事は、動画制作「【アーティストに学ぶ】#33 Adobe Illustrator iPad版 xコネクリ – アドビ公式」、オンラインセミナー「光と色をコントロールすることで デザインのディテールを追い込む Photoshop & Illustrator」、著書「デザインのネタ帳 プロ並みに使える写真加工 Photoshop(MdN/共著)」など。

レタッチを学びたい方におすすめの書籍

PREVIOUS POST パーティクルのようなエフェクトを応用してアートな雰囲気を作る...
NEXT POST ハイパスフィルターを使った顔のレタッチをPhotoshopで...
PAGE TOP