レタッチなど様々なシーンで使えるパッチツールをPhotoshopのスピードアートでご紹介!

Photoshopのレタッチで大活躍する便利なパッチツールをご紹介します。

これくらいのスキンレタッチはニューラルフィルター/肌をスムーズにでも問題なくいけますが、それ以外にもモックづくりのためのラベル文字の除去や風景の落ち葉の除去など様々なシーンで使えるため、ぜひご覧ください。

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. パッチツールで対象物を囲む
  2. 似ているテクスチャに移動

となります。

レタッチを学びたい方におすすめの書籍

PREVIOUS POST パーティクルのようなエフェクトを応用してアートな雰囲気を作る...
NEXT POST ハイパスフィルターを使った顔のレタッチをPhotoshopで...
PAGE TOP