ダークな六角形のパターンをブレンドツールを使って作るIllustratorスピードアート!

Illustratorでダークな六角形のパターンをブレンドツールを使って作成するスピードアートです。

Twitterで3D効果にもブレンドをかけられることを知り、他の効果にもブレンドが適用されるのか試してみたのがこの動画を作成したきっかけです。

結果として他の効果にもブレンドを掛けられることが確認したので他にもアイディア次第で面白い応用ができそうです!

制作の流れ

エンボスのような加工の主な工程は、

  1. 六角形の塗りにスタイライズ/光彩(内側)
    →描画モード:オーバーレイ、不透明度50%、ぼかし2px、境界線
  2. パスの変形/変形
    →移動:水平・垂直ともに-2px
  3. 新規塗りを先ほどの塗りの上に追加して、塗りを白
  4. 新規塗りにスタイライズ/光彩(内側)
    →描画モード:乗算、不透明度30%、ぼかし2px、境界線
  5. 新規塗りにパスの変形/変形
    →移動:水平・垂直ともに2px 6.新規塗りを乗算

となります。

制作ポイント

効果を使ったブレンド

片方の六角形をグラデと光彩(内側)を使ってエンボスのようなイメージで作成し、もう片方の六角形のアピアランスをなくしてブレンド→拡張を行い、各オブジェクトの効果と変形の値を確認したところ、効果にも適用されておりました。

ベベルとエンボスのような表現

色々方法があるようなのですが一番イメージに近づけたのでこちらの方法を参考にしました。

https://togetter.com/li/474889

おすすめ書籍

PhotoshopやIllustratorの使い方についての書籍ではありませんが、イラストを主軸に活動している方は元よりデザインに関わるすべての方におすすめできる書籍です。

どちらかというと中~上級者向けの書籍で、光が色に及ぼす影響や配色の理論から技術的なテクニックまで根本から学べます。

私はディレクションすることも多々あり、今まで感覚的に伝えていた部分の言語化に大いに役立てることができました。

PREVIOUS POST ブレンドツールの超基本!ブレンドをきれいに作るための見落とさ...
NEXT POST アピアランスを使ってラインで構成されたタイポグラフィを作成す...
PAGE TOP