Photoshopの超基本!切り抜きとマスクを使って良い感じのフォトフレーム風コラージュを作成するスピードアート!

基本に立ち返りPhotoshopの切り抜きとマスクをテーマにフォトフレーム風のコラージュを作成するスピードアートです。

マスクはレイヤーマスク、グループマスク、クリッピングマスクの3つを使っているのでマスクに今一つ苦手意識がある方はぜひご覧ください!

後半はグラデーション、境界線、ドロップシャドウとこちらも簡単なレイヤースタイルを使っております。

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. 「被写体を選択」と「選択とマスク」を使って人物を切り抜く
    →不要なカラーの除去にチェック
  2. 長方形ツールを使ってフォトフレーム(白と黒)を作成
  3. 人物(切り抜き)と複製した背景込みの人物写真をフォトフレームの上レイヤーに移動
  4. 人物(背景込み)レイヤーをフォトフレームの黒に対してクリッピングマスク
  5. フォトフレーム(白と黒)を傾ける
  6. フォトフレーム(黒)のサムネイルをCtrl+左クリックで選択範囲を作成してグループを作成、グループに対して選択範囲でマスクを作る
  7. 人物をグループに入れて、グループのマスクをブラシで塗る
    →マスクを塗る際のブラシの描画色は、白で塗ると表示、黒で塗ると非表示
    →ブラシはソフトブラシだと輪郭がボケるので今回はハードブラシに
    →ブラシを選択して右クリックで確認できます
  8. フォトフレーム(白)をグループ化して、グループの上に空レイヤーを追加、空レイヤーをグループに対してクリッピングマスク
  9. 空レイヤーを黒で塗り影を作る
  10. フォトフレーム(白)に対してレイヤースタイルでグラデーションと境界線、フォトフレーム(黒)に対して境界線
  11. フォトフレーム(白)のグループに対してドロップシャドウ

となります。

おすすめ書籍

PhotoshopやIllustratorの使い方についての書籍ではありませんが、イラストを主軸に活動している方は元よりデザインに関わるすべての方におすすめできる書籍です。
どちらかというと中~上級者向けの書籍で、光が色に及ぼす影響や配色の理論から技術的なテクニックまで根本から学べます。
私はディレクションすることも多々あり、今まで感覚的に伝えていた部分の言語化に大いに役立てることができました。
PREVIOUS POST 写真からシームレスなテクスチャを作成するPhotoshopス...
NEXT POST Photoshopのコピーソース(水平方向に反転)を使ったコ...
PAGE TOP