s://fonts.googleapis.com"> グラフィティアートを作成するIllustratorスピードアート! | CONNECRE
グラフィティアートを作成するIllustratorスピードアート!

Illustratorでグラフィティアートを作成するスピードアートです。

先日Adobe Fontsでグラフィティアート向きのフォントがないか探していたところSutturah Fatというフォントを見つけて思わず作成してみました。

Adobe Fontsはフォントの増減が定期的にあるため、このフォントがなくなると破綻しそうなチュートリアルですが、アピアランスの適用方法や装飾の作り方などは他でも活用できるのでぜひご覧ください。

リソース

制作の流れ

主な工程としては、

  1. テキストを配置
    →フォント:Sutturah Fat
    →Pride:400pt、Feels:400pt、No:720pt、Pain:460pt
  2. アピアランスを使い、テキストを装飾
    →アピアランスパネル上で[線]を[塗り]の下に
     →塗り:グラデーション(20%:#FFE200、100%:#E61673)
     →線:40pt #000000
     →線:40pt #000000 変形:水平方向10px、垂直方向10px
      →変形は、効果/パスの変形/変形
     →線:40pt #000000 変形:水平方向20px、垂直方向20px
     →テキストをアウトライン
      →効果/パス/パスのアウトライン
  3. グラフィックスタイルに追加して、他のテキストにもアピアランスを適用
    →グラフィックスタイルパネルを開き、2.で作成したアピアランスを追加
    →テキストを選択して、追加したグラフィックスタイルを適用
  4. テキストをグループ化して、グループにアピアランスを追加
    →4つのテキストを選択してグループ化
    →グループに対してアピアランスを追加、アピアランスパネル上で[線]を[内容]の下に
     →線:20pt #ffffff
     →線:50pt #000000
  5. アートブラシを使い、テキストに艶を追加
    →[楕円形ツール]を使い、細長い楕円を描く
    →ブラシパネルからアートブラシを追加
     →着色の方式:彩色
    →ブラシツールを使い、艶を追加していく
     →線:1pt #ffffff
     →左上に光源があると想定してテキストに線を追加
     →ペンツールに慣れている人はペンツールでも構いません
  6. ペンキが垂れているような装飾
    →[楕円形ツール]を使い、正円を描く
    →ブラシパネルから散布ブラシを追加
     →サイズ:ランダム、200%~400%
    →散布ブラシを使い、テキストの周りにドットを追加
    →作成したドットを[アピアランスを分割]
    →ワープツールを使ってペンキを垂らしたような表現に
  7. ペンキが飛び散っているような装飾
    →先ほど作成した正円を使い、散布ブラシをもう一つ追加
     →サイズ:ランダム、50%~100%
    →散布ブラシを使い、テキストの周りにドットを追加

となります。

制作ポイント

ワープツール

ワープツールを使った別の動画を作成しているので合わせてご覧ください。

グラフィティアートを壁になじませる

Photoshopでグラフィティアートを壁になじませる動画を作成しているので合わせてご覧ください。

タイポグラフィを学びたい方におすすめの書籍

PREVIOUS POST 炎のロゴシンボルを簡単に作成するIllustratorスピー...
PAGE TOP