7セグフォントをIllustratorで超簡単につくる

Illustratorで自販機やエレベーター、デジタル時計などありとあらゆるところに使われている7セグフォントを超簡単に作成します。

フォントとしても多く配布されておりますが、いまいちフォルムが気に入らなかったり商用可能なのかを調べるのが億劫だったりするので自分で作成してしまうことが多いです。

制作の流れ

主な工程としては、

  1. 7セグの原型となる8を作成
  2. 8を元にカットして他の数字を作成
  3. 7セグ風に着色

となります。

制作ステップ

STEP1. 7セグの原型となる8を作成

7セグの[8]を作成すると0−9まですべてカバーできるため、まずは原型となる[8]を作成していきます。

[長方形ツール]で長方形を配置、[ダイレクト選択ツール]で四隅いずれかのライブコーナーを内側にドラッグして上下が丸い長方形を作成します。

[アンカーポイントツール]でアンカーポイントをクリックして角にします。

作成したオブジェクトを複製・移動・回転で8になるよう配置します。

調整後のイメージがこちらです。

7セグをそれっぽくするため傾けます。

[選択ツール]でオブジェクトを選択、[変形]パネルで[シアー:5°]とします。
こちらで[8]の完成です。

STEP2. 8を元にカットして他の数字を作成

0-9までの7セグを作成していきます。
作成した8を10個並べます。

[選択ツール]でピンク部分をカットして他の数字を作成します。

調整後のイメージがこちらです。

STEP3. 7セグ風に着色

オレンジの7セグ

背景を黒、[8]を並べて塗りをグレー[R/62 G/58 B/57]とします。

[8]を複製して塗りをオレンジ[R/234 G/85 B/20]とします。

メニューバーの[効果/スタイライズ/光彩(内側)]を選択、以下のように設定します。

描画モード:通常 [R/255 G/212 B/0]
不透明度:100% ぼかし:9px [中心]を選択

調整後のイメージがこちらです。

緑の7セグ

緑の7セグの参考値はこちらです。

塗り:[R/34 G/172 B/56]
光彩:[R/255 G/212 B/0] 不透明度:80%

青の7セグ

青の7セグの参考値はこちらです。

塗り:[R/3 G/110 B/184]
光彩:[R/113 G/225 B/255] 不透明度:100%

制作ポイント

デジタル表示の配色例

後半はデジタル表示のオレンジ、緑、青での配色例をのせております。 ネオンなどの光を使ったデザインを作成する際は以下の配色で作成します。

  • ベース赤…内側:オレンジ~黄色
  • ベースオレンジ…内側:黄色
  • ベース緑…内側:黄色
  • ベース青…内側:水色
  • ベース紫…内側:ピンク

内側に白(最も明るい色を白)を使う場合

外側:赤→内側:白
にするのではなく、
赤→オレンジ→黄色→白(または白に近い黄)
と段階を追って配色した方がきれいに見えます。

タイポグラフィを学びたい方におすすめの書籍

PREVIOUS POST おしゃれ雑貨屋にある電球を使ったタイポグラフィを作成するIl...
NEXT POST コインの回転アニメーションをIllustratorとPhot...
PAGE TOP