紙を重ねて切ったようなタイポグラフィーアートを作成するIllustratorスピードアート!

Illustratorで紙を重ねて切ったようなタイポグラフィーアートを作成します。

制作の流れ

主な工程としては、

  1. テキストを打ち、3グループ用意する
  2. 上のグループは白い紙、中央のグループは影、下のグループは下地
    →上は軽微なグラデ+境界線白(厚み)、中央は黒系でぼかし、下はベースを色付け+黒系の光彩(内側)で凹んでるように
    →上と中央のグループは自由変形ツールで下部を左にずらす
  3. 上グループと背景に効果/テクスチャ/粒状で紙の質感に寄せる

となります。

コネクリ

ウェブデザイナーとしてキャリアをスタートして、スマートフォンの台頭によりUI/UX・ゲームデザインを担当、現在はインハウス寄りのディレクター兼リードデザイナー。
社内外のディレクション・ワイヤー設計・デザイン・コーディングを行う。
自社、受託ともにウェブ・アプリ・グラフィック・ゲームの実績多数。

本サイトやTwitterYouTubeにてPhotoshopとIllustratorの作例を発信中!

個人としての仕事は、動画制作「【アーティストに学ぶ】#33 Adobe Illustrator iPad版 xコネクリ – アドビ公式」、オンラインセミナー「光と色をコントロールすることで デザインのディテールを追い込む Photoshop & Illustrator」、著書「デザインのネタ帳 プロ並みに使える写真加工 Photoshop(MdN/共著)」など。

タイポグラフィを学びたい方におすすめの書籍

PREVIOUS POST 近未来的な3DホログラムのようなタイポグラフィをIllust...
NEXT POST ドットの世界地図をIllustratorで!
PAGE TOP