縦長と横長の画像を判別してバッチ処理で一括でリサイズするPhotoshopスピードアート!

Photoshopで縦長の画像と横長の画像を判別してバッチ処理で一括でリサイズしていく方法です。

一括処理のためすべてが思い通りに完璧に…というわけではありませんが業務効率化にはアクションとバッチは欠かせないのでぜひご覧ください。

制作の流れ

主な工程としては、

  1. 縦長画像用の新規アクションを作成
    →画像解像度、リサイズ、書き出し
  2. 横長画像用の新規アクションを作成
    →画像解像度、リサイズ、書き出し
  3. 一括処理用の新規アクションを作成
    →アクションパネルの右上のメニューから条件の挿入
    →条件付きアクションダイアログで横長と縦長でそれぞれアクション処理をセット
  4. バッチ処理

となります。

おすすめ書籍

PhotoshopやIllustratorの使い方についての書籍ではありませんが、イラストを主軸に活動している方は元よりデザインに関わるすべての方におすすめできる書籍です。
どちらかというと中~上級者向けの書籍で、光が色に及ぼす影響や配色の理論から技術的なテクニックまで根本から学べます。
私はディレクションすることも多々あり、今まで感覚的に伝えていた部分の言語化に大いに役立てることができました。
PREVIOUS POST BOSSっぽい人物加工を超簡単に行うPhotoshopスピー...
NEXT POST Illustratorで作成したフラットなネオンをPhoto...
PAGE TOP